Tags give the ability to mark specific points in history as being important
  • v5.1.1   Version 5.1.1
    Release v5.1.1

    FrontISTR v5.1.1

    • リリース:2020年11月13日
    • ver. 5.1 (2020年6月30日)からの変更点
      • 機能改良 : 1 件
      • 仕様変更 : 6 件
      • 不具合修正 :12 件

    機能追加

    • #108 時系列のVTK出力時に時刻情報を合わせて出力したい

    仕様変更

    • #156 testの誤差判定を相対的にする。
    • #237 add cmake rules for new MUMPS version
    • #247 autoinc example の修正
    • #282 Dockerコンテナ提供FrontISTRでMPI並列するとエラーメッセージが大量にでる。
    • #284 Gitlab CI/CD の DAG機能に対応する。
    • #288 Intel MKLをcmakeでfindできるようになった。

    不具合修正

    • #26 ELEMCHECK Sparsity Overflow
    • #52 コンパイル時のワーニングつぶし(ongoing)
    • #244 Compiling error by gfortran-10
    • #245 bug : unable to compile in setup.sh
    • #259 MPCで自由度消去を用いる場合の不具合修正
    • #278 細かい不具合の修正
    • #279 cmakeでmklが見つからない
    • #281 スペルミス
    • #283 Fbar要素の微修正
    • #285 741 Shellでの固有値解析で落ちることがある。
    • #287 macのbashでのテストが実行できない問題
    • #289 test_hybridでheat/exU2が数値誤差により時々failする
  • v5.1   Version 5.1
    f3fe347a · Version 5.1 release ·
    Release v5.1

    FrontISTR v5.1

    • リリース⽇:2020年06⽉30⽇
    • ver. 5.0 (2020年10⽉18⽇)からの変更点
      • 機能改良 :14 件
      • 仕様変更 : 9 件
      • 不具合修正 :12 件

    機能改良

    • #207: ビルド時の⽇付を出⼒する機能追加
    • #204: ⾮定常熱伝導解析のサンプル追加
    • #195: リファイナ関係のデバッグ出⼒
    • #194: MPCを含むモデルをリファインした際に陽的⾃由度消去が利⽤可能に
    • #183: ML のインターフェースを整理・拡張
    • #169: linux バイナリ配布
    • #158: 接触⾯ペアを⾯-⾯で⼊⼒した際に内部で⾃動⽣成される節点グループの命名規則
    • #144: 標準出⼒ログを YAML 形式に変更
    • #143: conrod モデルを tutorial に追加
    • #140: CI による Manuals ⽣成
    • #136: OpenMP thread 並列および MPI 並列へのテスト対応
    • #132: OpenMP thread 並列および MPI 並列使⽤時の使⽤コア数出⼒
    • #67: 弾塑性の consistent 接線剛性実装(Misesのみ)
    • #36: ⾃動時間増分の熱伝導結果ファイルの読み込みにおける時刻情報を⽤いた補間

    外部仕様変更

    • #131: FrontISTR starter の削除

    内部仕様変更

    • #158: 接触⾯ペアを⾯-⾯で⼊⼒した際に内部で⾃動⽣成される節点グループの命名規則
    • #122: テスト機能の拡充
    • #121: gitlab-ci の 修正(テスト機能の拡充)
    • #107: HCEMW を利⽤した FILM、RADIATE 関数の実装
    • #56: 重複コード削除:fistr1/src/lib/physics/ElasticNeoHooke.f90
    • #46: プログラマ情報の確認
    • #44: 出⼒機能の統合(静的と動的)
    • #37: res_bin_io.inc と res_txt_io.inc の拡張⼦変更

    不具合修正

    • #203: 611 梁要素の不具合修正とテスト例題追加
    • #185: 固有値解析の結果ファイル(.res) への書き出し不具合修正
    • #184: 線形動解析(陰解法)の線形解析対応
    • #181: 541 インターフェース要素使⽤時の質量⾏列の不具合修正
    • #159: 内部変数の可読性向上(DISTCLR_CONT など)
    • #123: 熱伝導解析への ML 前処理適⽤時の不具合修正
    • #114: VTK ファイルの出⼒にサブディレクトリを設定した時の不具合修正
    • #113: 出⼒に関するいくつかの不具合修正
    • #55: サブルーチン fstr_solve_dynamic_nlimplicit の変数 iexit の初期化
    • #54: 関数 read_user_matl で使⽤している fstr_ctrl_get_data_array_ex の引数修正
    • #53: 動的⾮線形並列解析でメモリリークの修正(SOR 前処理との兼ね合い)
    • #26: !ELEMCHECK の Sparsity 値の修正
  • v5.0
    39b83f05 · Version 5.0 release ·
    Release v5.0

    FrontISTR v5.0

    機能改良

    • 接触解析機能の改善:探索の高速化、リファイン対応、ほか多数の不具合修正含む
    • 要素主ひずみ/主応力の出力
    • openMP並列数指定オプション –t の追加
    • resultファイルへのグローバル変数出力の追加:時刻、固有値など
    • シェル要素の質量マトリックス計算
    • 動的接触陽解法の追加
    • 解析制御ファイルでの!INITIAL指定
    • intel MKL pardiso直接法ソルバI/Fの非接触解析および分散並列対応

    仕様変更

    • Tutorial 01の荷重量を変更(線形解析としては大きすぎる変形)
    • Lagrange乗数法接触におけるfollower force更新タイミングをサブステップ冒頭からNR反復内部に移動(接触なしNR法との仕様統一)

    不具合修正

    • 動解析陰解法における変数未初期化
    • SSOR前処理のメモリリーク
    • fstr_make_dynamic_resultでのsegmentation fault
    • いくつかのtest exampleがfailする問題
    • 熱伝導解析の自動時間増分
    • 熱伝導解析のopenmp並列対応
    • 反復法前処理のメモリ解放漏れ
    • AMG前処理(MLパッケージ)で不要なML_Set_Symmetrizeの呼び出し
    • !SUBDIRがthread-safeでない問題
    • 33シェルと33梁の混在計算ができない問題

    その他

    • gitlab runnerによるCI対応
  • v5.0rc
    Release v5.0rc

    Version 5.0 RC

  • v5.0b   FrontISTR v5.0b
    Release v5.0b

    Version 5.0b

  • v5.0a   FrontISTR v5.0a
    Release v5.0a

    Version 5.0a

  • v4.6   FrontISTR v4.6
    Release v4.6

    Version 4.6

  • v4.5   FrontISTR v4.5
    25cec4b7 · Deleted old manuals ·
    Release v4.5

    Version 4.5

  • v4.5rc1   FrontISTR v4.5 RC1
    21a1be17 · Change tab to space ·
    Release v4.5rc1

    Version 4.5RC1

  • v4.4   FrontISTR v4.4
    Release v4.4

    Version 4.4

  • v4.3   FrontISTR v4.3
    9bd4c2ca · Ver.4.3 ·
    Release v4.3

    Version 4.3

  • v4.3rc3   FrontISTR v4.3 RC3
    c0d1fd28 · Ver.4.3 RC3 ·
    Release v4.3rc3

    Version 4.3 RC3

  • v4.3rc2   FrontISTR v4.3 RC2
    52ccb489 · Ver.4.3 RC2 ·
    Release v4.3rc2

    Version 4.3 RC2

  • v4.3rc1   FrontISTR v4.3 RC1
    90a21b06 · Changed VERSION ·
    Release v4.3rc1

    Version 4.3 RC1

  • v4.2c   FrontISTR v4.2c
    Release v4.2c

    Version 4.2c

  • v4.2   FrontISTR v4.2
    Release v4.2

    Version 4.2

  • v4.1   FrontISTR v4.1
    ec990029 · update for the open ·
    Release v4.1

    Version 4.1

  • v4.0   FrontISTR v4.0
    83404dec · ·
    Release v4.0

    Version 4.0