Commit 7c486752 authored by Hiroyuki Sato's avatar Hiroyuki Sato 🇯🇵

「セキュリティの脆弱性に関する機密の課題」の翻訳を改善

parent 2af885c8
......@@ -434,7 +434,7 @@ features:
GitLab 11.8 では、エンドユーザが API を使用してタグを単独もしくは一括して正規表現で削除することにより、コンテナレジストリをクリーンアップできるようになりました。
- name: "セキュリティの脆弱性に関する機密のイシュー"
- name: "セキュリティの脆弱性に関する機密の課題"
name_en: "Confidential issues for security vulnerabilities"
available_in: [ultimate]
documentation_link: "https://docs.gitlab.com/ee/user/project/merge_requests/#interacting-with-security-reports-ultimate"
......@@ -442,9 +442,9 @@ features:
stage: secure
issue_url: "https://gitlab.com/gitlab-org/gitlab-ee/issues/8725"
description: |
ユーザはマージリクエスト、パイプラインビュー、およびセキュリティダッシュボード上のセキュリティレポートから、セキュリティの脆弱性に対処するための新しいイシューを作成できます。この情報には、修正が完了して利用可能になりリリースされるまでに開示されるべきではない機密詳細を開示する可能性がある機密データが含まれています。
ユーザはマージリクエスト、パイプラインビュー、およびセキュリティダッシュボード上のセキュリティレポートから、セキュリティの脆弱性に対処するための新しい課題を作成できます。この情報には、修正が完了して利用可能になりリリースされるまでに開示されるべきではない機密詳細を開示する可能性がある機密データが含まれています。
GitLab 11.8 以降は、脆弱性から作成されたイシューはデフォルトで [機密](https://docs.gitlab.com/ee/user/project/issues/confidential_issues.html) としてマークされており、ユーザは情報を開示したいときにフラグをオフに変更することができます。
GitLab 11.8 以降は、脆弱性から作成された課題はデフォルトで [機密](https://docs.gitlab.com/ee/user/project/issues/confidential_issues.html) としてマークされており、ユーザは情報を開示したいときにフラグをオフに変更することができます。
- name: "Auto DevOpsアプリの秘密情報が更新された場合に強制的に再デプロイ"
name_en: "Force re-deploy when Auto DevOps application secrets are updated"
......
Markdown is supported
0% or
You are about to add 0 people to the discussion. Proceed with caution.
Finish editing this message first!
Please register or to comment