Commit f1c01133 authored by Hiromi Nozawa's avatar Hiromi Nozawa 🇯🇵

下記を対応:

- "Filter the merge request list by assigned approvers"
- "Restrict JupyterHub login access only to group/project members"
- "Restrict JupyterHub login access only to group/project members"
- "Support Ingress hostnames"
- "Add Auto DevOps build job for tags"
- "Adjustable time ranges for security dashboard charts"
parent a1a88f4d
Pipeline #64053278 passed with stages
in 9 minutes and 38 seconds
......@@ -407,7 +407,7 @@ features:
description: |
GitLab CI の [`include`](https://docs.gitlab.com/ee/ci/yaml/#include) 機能に基づいたサーバーレスの `gitlab-ci.yml` テンプレートは大幅にシンプルになりました。将来のリリースでは、このファイルを変更せずに新しい機能を導入することができます。
- name: "Filter the merge request list by assigned approvers"
- name: "アサインされた承認者によるマージリクエストリストのフィルタリング"
name_en: "Filter the merge request list by assigned approvers"
available_in: [starter, premium, ultimate]
documentation_link: "https://docs.gitlab.com/ee/user/project/merge_requests/"
......@@ -416,18 +416,13 @@ features:
stage: create
issue_url: "https://gitlab.com/gitlab-org/gitlab-ee/issues/1951"
description: |
Code review is an essential practice of every successful project but,
as a reviewer, it can be hard to keep track of which merge requests you
have been asked to review.
コードレビューは全ての成功するプロジェクトに不可欠な方法ですが、レビュー担当者としてどのマージリクエストのレビューを依頼されたかを追跡するのは困難な場合があります。
In GitLab 11.9, the merge request list can now be filtered by the assigned
approver, so that you can find the merge requests you have been added
to as an approver.
GitLab 11.9 では、マージリクエストリストはアサインされた承認者でフィルタリングできるようになりました。これにより、承認者として追加されたマージリクエストを見つけることができます。
Thank you, [Glavin Wiechert](https://gitlab.com/Glavin001), for the
contribution!
[Glavin Wiechert](https://gitlab.com/Glavin001) さん、コントリビュートありがとう!
- name: "Restrict JupyterHub login access only to group/project members"
- name: "JupyterHub ログインアクセスをグループ/プロジェクトメンバーだけに制限する"
name_en: "Restrict JupyterHub login access only to group/project members"
available_in: [core, starter, premium, ultimate]
documentation_link: "https://docs.gitlab.com/ee/user/project/clusters/runbooks/#3-login-to-jupyterhub-and-start-the-server"
......@@ -435,14 +430,11 @@ features:
stage: configure
issue_url: "https://gitlab.com/gitlab-org/gitlab-ce/issues/52536"
description: |
Deploying JupyterHub via GitLab's Kubernetes integration is a great way to serve and share
Jupyter notebooks with large groups. It is also beneficial to control access to notebooks
when sensitive or private data is shared.
GitLab の Kubernetes インテグレーション経由で JupyterHub をデプロイすることは、大規模なグループと Jupyter ノートブックを共有するための素晴らしい方法です。機密データや個人データが共有されている場合は、ノートブックへのアクセスを制御することも有益です。
With GitLab 11.9, login to JupyterHub instances deployed via Kubernetes integration is limited to members with
"Developer" project access (via either group or project).
GitLab 11.9 では Kubernetes インテグレーションによりデプロイされた JupyterHub インスタンスへのログインは (グループまたはプロジェクトを介して) "Developer" プロジェクトアクセス権を持つメンバーのみに制限されています。
- name: "Support Ingress hostnames"
- name: "Ingress ホスト名のサポート"
name_en: "Support Ingress hostnames"
available_in: [core, starter, premium, ultimate]
documentation_link: "https://docs.gitlab.com/ee/user/project/clusters/#getting-the-external-endpoint"
......@@ -450,15 +442,13 @@ features:
stage: configure
issue_url: "https://gitlab.com/gitlab-org/gitlab-ce/merge_requests/25718/diffs"
description: |
When deploying a Kubernetes Ingress controller, some platforms may return
an IP address (for example, Google's GKE) while others may return a DNS name (for example, AWS' EKS).
Kubernetes Ingress コントローラをデプロイすると、プラットフォームによっては IP アドレスが返される場合 (Google の GKE など) と DNS 名 (AWS の EKS など) が返される場合があります。
Our Kubernetes integration now supports both types of endpoints for display
in the `clusters` section of the project.
Kubernetes インテグレーションではプロジェクトの `cluster` セクションに表示するために両方のタイプのエンドポイントをサポートします。
Thank you, [Aaron Walker](https://gitlab.com/walkafwalka), for the contribution!
[Aaron Walker](https://gitlab.com/walkafwalka) さん、コントリビュートありがとう!
- name: "Add Auto DevOps build job for tags"
- name: "タグの Auto DevOps ビルドジョブを追加する"
name_en: "Add Auto DevOps build job for tags"
available_in: [core, starter, premium, ultimate]
documentation_link: "https://docs.gitlab.com/ee/topics/autodevops/#auto-build"
......@@ -466,16 +456,13 @@ features:
stage: configure
issue_url: "https://gitlab.com/gitlab-org/gitlab-ce/merge_requests/25718/diffs"
description: |
Auto DevOps' Auto Build stage creates a build of your application by making
use of the project's `Dockerfile` or a Heroku buildpack.
Auto DevOps の Auto Build ステージは、プロジェクトの `Dockerfile` または Heroku ビルドパックを利用してアプリケーションのビルドを作成します。
With GitLab 11.9, the resulting Docker image built in the tag pipeline
will be named similarly to traditional image names using the commit `tag`
instead of the commit `SHA`.
GitLab 11.9 では、タグパイプラインによってビルドされた成果物の Docker イメージは、コミットの `SHA` の代わりにコミット `tag` を使用して従来のイメージ名と同じように命名されます。
Thank you, [Aaron Walker](https://gitlab.com/walkafwalka), for the contribution!
[Aaron Walker](https://gitlab.com/walkafwalka) さん、コントリビュートありがとう!
- name: "Adjustable time ranges for security dashboard charts"
- name: "セキュリティダッシュボードチャートで時間範囲を調整可能"
name_en: "Adjustable time ranges for security dashboard charts"
available_in: [ultimate]
documentation_link: "https://docs.gitlab.com/ee/user/group/security_dashboard/"
......@@ -484,16 +471,12 @@ features:
stage: secure
issue_url: "https://gitlab.com/gitlab-org/gitlab-ee/issues/8613"
description: |
The group security dashboard includes a vulnerability chart to have an overview
of the recent security status of your groups' projects. This is very useful to
security directors to tune their processes and understand how the team is performing.
グループセキュリティダッシュボードには、プロジェクトの最近のセキュリティステータス概要を把握するための脆弱性チャートが含まれています。これはセキュリティディレクタにとってプロセスを調整したり、チームのパフォーマンスを理解するのにとても役立ちます。
In GitLab 11.9, you can now select the time range of this vulnerability chart.
The default is the last 90 days, but you can set the time window to 60 or 30 days,
based on the level of details you want to reach.
GitLab 11.9 では、この脆弱性チャートの期間を選択できるようになりました。
時間範囲はデフォルトは過去 90 日ですが、取得したい詳細レベルにより 60 日または 30 日に設定できます。
This doesn't affect data shown in the counters or in the list, but only data points plotted
on the chart.
これはチャートにプロットされているデータポイントにのみ影響します。カウンタやリストに表示されているデータには影響しません。
{: .alert .alert-info}
- name: "Upgrade Code Climate to 0.83.0"
......
Markdown is supported
0%
or
You are about to add 0 people to the discussion. Proceed with caution.
Finish editing this message first!
Please register or to comment