Commit badf22e7 authored by Hiroyuki Sato's avatar Hiroyuki Sato 🇯🇵

主な機能の紹介の言い回しを改善

parent 15ddf74e
......@@ -24,15 +24,15 @@ GitLab11.7では、GitLab Coreで[リリース機能](#publish-releases-for-your
## ポートフォリオ管理がより複雑なWBSをサポート
{: .intro-header}
[マルチレベル子エピック](#multi-level-child-epics) はUltimateで利用できる、GitLabポートフォリオ管理の最新機能です。
[子エピックの多層化](#multi-level-child-epics) はUltimateで利用できる、GitLabポートフォリオ管理の最新機能です。
子エピックでは複数階層のWBSを利用できるようになり、より複雑な案件や作業計画の一助となるでしょう。
課題とエピックの両方を含むエピックを作ることができるようになり、この構造によって、計画と実装にあたることができる課題をダイレクトに結びつけることができます。
## NPMレジストリを使用したJavaScript開発の合理
## NPMレジストリを使用してJavaScriptでの開発を効率
{: .intro-header}
GitLab11.7のPremiumでは、NPMレジストリをGitLab内部に持てるようになりました。それにより、プロジェクトをまたいで、標準的で、より安全な方法でのシェア、またNPMパッケージのバージョン管理が可能になります。
パッケージ名を伝えるだけで、NPMとGitLabが後の処理を引き継ぎます。すべて1つのインターフェースで完結するんです!
GitLab11.7のPremiumでは、NPMレジストリをGitLab内部に持てるようになりました。それにより、NPMパッケージをプロジェクト横断的に共有し、またNPMパッケージをバージョン管理することが可能になります。
パッケージ名を伝えるだけで、あとはNPMとGitLabにおまかせできます。すべてが1つのインターフェースで完結します!
## その他の機能
{: .intro-header}
......@@ -41,7 +41,7 @@ GitLab11.7のPremiumでは、NPMレジストリをGitLab内部に持てるよう
* [**パッチファイルで脆弱性を修復**](#remediate-vulnerability-with-patch-file):ご存知の通り、GitLabのセキュリティ機能では、脆弱性を検知することができます。GitLab11.7では、さらに、脆弱性を修復する機能が盛り込まれました。そして、Node.jsプロジェクトには、Yarnでの解決方法の提案も行われます。これはGitLabが提供する初めての修復タイプ機能であり、これからますます発展が見込まれます!
* [**APIによるKubernatesの構築**](#api-support-for-kubernetes-integration): もしあなたがたくさんのKubernatesクラスターを構築する業務にあたっている、もしくは、自分をKubernates忍者だと自任しているとしたら、GitLabには、あなたの手作業を減らし、日々の仕事をすいぶん楽にできるKubernatesのAPIがあります。
* [**APIによるKubernatesの構築**](#api-support-for-kubernetes-integration): もしあなたがたくさんのKubernatesクラスターを構築する業務にあたっているとしたら、GitLabのKubernetes APIを利用して、あなたの手作業を減らし、日々の仕事をすいぶん楽にできるでしょう!
* [**プロジェクト横断でのパイプラインの表示**](#cross-project-pipeline-browsing): プロジェクトをまたいでパイプラインを確認できるようになりました。この機能を使えば、どんな情報でもすぐに得られるでしょう!
......
Markdown is supported
0%
or
You are about to add 0 people to the discussion. Proceed with caution.
Finish editing this message first!
Please register or to comment