Commit b5b244bc authored by Hiromi Nozawa's avatar Hiromi Nozawa 🇯🇵

"CI/CD templates for security jobs" を対応

parent d64ef3ee
Pipeline #63661177 passed with stages
in 9 minutes and 21 seconds
......@@ -89,7 +89,7 @@ features:
GitLab 11.9 ではコンテナスキャンの結果がすでに表示されている SAST および依存性のスキャン結果と共にダッシュボードに追加されます。
問題の原因に関係なく一ヶ所に完全なビューが表示されます。
- name: "CI/CD templates for security jobs"
- name: "セキュリティジョブ用の CI/CD テンプレート"
name_en: "CI/CD templates for security jobs"
available_in: [ultimate]
documentation_link: "https://docs.gitlab.com/ee/ci/examples/sast.html#using-job-definition-template"
......@@ -98,27 +98,16 @@ features:
stage: secure
issue_url: "https://gitlab.com/groups/gitlab-org/-/epics/581"
description: |
GitLab security features are evolving very fast, and they always need to be up to date
to be effective and protect your code. We know that changing the
job definition is difficult if you have to manage multiple projects.
We also know that you don't want to risk using the latest GitLab version if you don't have
confidence it is totally compatible with your current GitLab instance.
GitLab のセキュリティ機能は急速に進化しており、効果的にソースコードを保護するためには常に最新の状態にある必要があります。複数のプロジェクトを管理しなければならない場合にジョブ定義を変更することが難しいことが分かっています。
また、現在の GitLab インスタンスと完全に互換性があると確信が持てない場合は GitLab の最新バージョンを使用するリスクを負いたくないことも理解しています。
That's why with GitLab 11.7, we introduced a new way to include job definitions, using
[templates](/2019/01/22/gitlab-11-7-released/#include-cicd-files-from-other-projects-and-templates).
そのため、GitLab 11.7 では [templates](/2019/01/22/gitlab-11-7-released/#include-cicd-files-from-other-projects-and-templates) を使用したジョブ定義の新しい方法を導入しました。
Starting with GitLab 11.9, we ship built-in templates for all the security jobs, like
`sast` and `dependency_scanning`, that are compatible with the GitLab version
they come with.
GitLab 11.9 からは `sast` や `dependency_scanning` といった全てのセキュリティジョブのためのビルドインテンプレートを提供します。それらは付属の GitLab バージョンと互換性があります。
You can now include them directly into your configuration, and have them updated with
your system every time you upgrade to a new version of GitLab, without any change to
any pipeline configuration.
GitLab を新しいバージョンにアップグレードするたびにパイプラインの設定を変更することなく、直接設定に含めてシステムに合わせて更新することができます。
This new way to define security jobs is official and deprecates
any other previous job definition or snippet of code. You should update the definition
to use the new `template` keyword as soon as possible. Support for any other syntax could be removed
in GitLab 12.0 or other future releases.
セキュリティジョブを定義するためのこの新しい方法は公式であり、他の以前のジョブ定義またはソースコードのスニペットは非推奨です。新しい `template` キーワードをできるだけ早く使って定義を更新するべきです。GitLab 12.0 もしくはそれ以降のリリースでは、他の構文のサポートは削除される可能性があります。
{: .alert .alert-info}
secondary:
......
Markdown is supported
0%
or
You are about to add 0 people to the discussion. Proceed with caution.
Finish editing this message first!
Please register or to comment