Commit a1a88f4d authored by Hiromi Nozawa's avatar Hiromi Nozawa 🇯🇵

下記を対応

- "De-duplicated Git objects for public forks (Beta)"
"Keyboard shortcuts for next and previous file in merge request"
- "Allow protected branches to be created by developers"
- "Simplify <code>.gitlab-ci.yml</code> on serverless projects"
parent e310cbcc
Pipeline #64035220 passed with stages
in 9 minutes
......@@ -350,7 +350,7 @@ features:
[Kotau Yauhen](https://gitlab.com/bessorion) さん、コントリビュートありがとう!
- name: "De-duplicated Git objects for public forks (Beta)"
- name: "パブリックプロジェクトのフォークのための重複排除された Git オブジェクト (ベータ)"
name_en: "De-duplicated Git objects for public forks (Beta)"
available_in: [core, starter, premium, ultimate]
gitlab_com: false
......@@ -359,16 +359,9 @@ features:
stage: create
epic_url: "https://gitlab.com/groups/gitlab-org/-/epics/189"
description: |
Forking allows anyone to contribute to open source projects without
needing to give everyone write permissions, by
copying the entire repository into a new project. Storing full copies
of frequently forked Git repositories is inefficient. Using Git
`alternates`, forks now share common objects from the upstream project
in an object pool to reduce disk storage requirements.
フォークによりリポジトリ全体を新しいプロジェクトにコピーすることで、オープンソースプロジェクトに誰でも貢献できます。誰かが書き込み権限を付与する必要はありません。頻繁にフォークされる Git リポジトリのフルコピーを保存するのは非効率です。Git の `alternate` を使うことで、フォークではオブジェクトプール内の上流のプロジェクトからの共通のオブジェクトを共有してディスクストレージの必要量を減らします。
Object pools for forks are only created for public projects when hashed
storage is enabled. Object pools can be enabled using the
`object_pools` feature flag.
ハッシュ化されたストレージが有効になっている場合、フォーク用のオブジェクトプールはパブリックプロジェクトに対してのみ作成されます。 オブジェクトプールは `object_pools` 機能フラグを使って有効にできます。
- name: "マージリクエストのファイルツリー表示をリサイズする"
name_en: "Resizeable merge request file tree"
......@@ -381,7 +374,7 @@ features:
description: |
マージリクエストの変更をレビューするときに、長いファイル名をリサイズして表示したり、小さい画面で空白を減らしたりできます。
- name: "Keyboard shortcuts for next and previous file in merge request"
- name: "マージリクエスト内の前後のファイルのキーボード・ショートカット"
name_en: "Keyboard shortcuts for next and previous file in merge request"
available_in: [core, starter, premium, ultimate]
documentation_link: "https://docs.gitlab.com/ee/workflow/shortcuts.html#issues-and-merge-requests"
......@@ -389,11 +382,9 @@ features:
stage: create
issue_url: "https://gitlab.com/gitlab-org/gitlab-ce/issues/48798"
description: |
When reviewing the changes in a merge request, quickly jump from file
to file using `]` or `j` for the next file, and `[` or `k` for the
previous file.
マージリクエストの変更を確認するときに、次のファイルには `]` または `j` を、前のファイルには `[` または `k` を使用してファイル間を素早くジャンプします。
- name: "Allow protected branches to be created by developers"
- name: "開発者による protected ブランチの作成を許可する"
name_en: "Allow protected branches to be created by developers"
available_in: [core, starter, premium, ultimate]
documentation_link: "https://docs.gitlab.com/ee/user/project/protected_branches.html#creating-a-protected-branch"
......@@ -401,16 +392,12 @@ features:
stage: create
issue_url: "https://gitlab.com/gitlab-org/gitlab-ce/issues/53361"
description: |
Protected Branches prevent unreviewed code from being pushed or merged.
However, when no one is allowed to push to a protected branch, no one
is able to create a new protected branch, like a release branch.
protected ブランチは、レビューされていないコードがプッシュされたりマージされたりするのを防ぎます。
しかし、プロテクトされたブランチにプッシュすることが誰もできない場合、リリースブランチのような新しい protected ブランチを作成できません。
In GitLab 11.9, developers can now create a protected branch from an
already protected branch through GitLab or the API. Using Git to push
a new protected branch is still protected to prevent accidentally
creating new protected branches.
GitLab 11.9 では GitLab や API を使って、すでに protected であるブランチから保護されたブランチを作成できるようになりました。新しい protected ブランチを間違って作成しないように、新しい protected ブランチを Git でプッシュすることを防ぎます。
- name: "Simplify <code>.gitlab-ci.yml</code> on serverless projects"
- name: "サーバレスプロジェクトで <code>.gitlab-ci.yml</code> をシンプルにする"
name_en: "Simplify <code>.gitlab-ci.yml</code> on serverless projects"
available_in: [core, starter, premium, ultimate]
documentation_link: "https://docs.gitlab.com/ee/user/project/clusters/serverless/"
......@@ -418,9 +405,7 @@ features:
stage: configure
issue_url: "https://gitlab.com/gitlab-org/gitlab-ce/issues/57405"
description: |
Building on the [`include`](https://docs.gitlab.com/ee/ci/yaml/#include) functionality of GitLab CI,
the serverless `gitlab-ci.yml` template has been greatly simplified, allowing new functionality to be introduced
in future releases without needing to introduce changes to this file.
GitLab CI の [`include`](https://docs.gitlab.com/ee/ci/yaml/#include) 機能に基づいたサーバーレスの `gitlab-ci.yml` テンプレートは大幅にシンプルになりました。将来のリリースでは、このファイルを変更せずに新しい機能を導入することができます。
- name: "Filter the merge request list by assigned approvers"
name_en: "Filter the merge request list by assigned approvers"
......
Markdown is supported
0%
or
You are about to add 0 people to the discussion. Proceed with caution.
Finish editing this message first!
Please register or to comment