Commit 10cb4eaa authored by Muhammad Moinur Rahman's avatar Muhammad Moinur Rahman
Browse files

print/tex-xdvik: Update version 22.87=>22.87.06

While upgradingthe extra japanese ptex patches has been removed as those
are not compatible with latest version and the old patches are also from
early 2008. If someone make those work with the new version the patches
are welcome. For further details or the older version of tex-xdvik with
those patches please use japanese/ja-tex-xdvik

Relnotes: https://sourceforge.net/projects/xdvi/files/xdvik/22.87.06/
parent 9bdc7886
# Created by: Kentaro Inagaki <JBD01226@niftyserve.ne.jp>
PORTNAME= xdvik
PORTVERSION= 22.87
PORTREVISION= 4
PORTVERSION= 22.87.06
CATEGORIES= print
MASTER_SITES= SF/xdvi/${PORTNAME}/${PORTVERSION}
PKGNAMEPREFIX= tex-
......@@ -11,57 +10,54 @@ DIST_SUBDIR= TeX
MAINTAINER= tex@FreeBSD.org
COMMENT= DVI Previewer(kpathsearch) for X
LIB_DEPENDS= libfreetype.so:print/freetype2 \
LIB_DEPENDS= libfontconfig.so:x11-fonts/fontconfig \
libfreetype.so:print/freetype2 \
libpaper.so:print/libpaper
RUN_DEPENDS= tex-dvipsk>=5.995:print/tex-dvipsk
USES= iconv motif pkgconfig xorg
USE_TEX= web2c kpathsea texmf texhash
TEXHASHDIRS= ${TEXMFDISTDIR}
USE_XORG= ice sm x11 xmu xpm xt xi
WRKSRC= ${WRKDIR}/${DISTNAME}/texk/xdvik
PATCH_WRKSRC= ${WRKDIR}/${DISTNAME}
USE_TEX= kpathsea texhash texmf web2c
USE_XORG= ice sm x11 xext xi xmu xpm xt
GNU_CONFIGURE= yes
CONFIGURE_ARGS= --enable-shared \
--datarootdir=${LOCALBASE}/share \
--with-xdvi-x-toolkit=motif \
CONFIGURE_ARGS= --datarootdir=${LOCALBASE}/share \
--enable-shared \
--enable-xi2-scrolling \
--with-default-dvips-path=${LOCALBASE}/bin/dvips \
--with-default-gs-lib-path=${LOCALBASE}/lib \
--with-default-ps2pdf-path=${LOCALBASE}/bin/ps2pdf \
--with-iconv \
--with-xpm \
--with-system-kpathsea \
--with-kpathsea-includes=${LOCALBASE}/include/kpathsea \
--with-kpathsea-libdir=${LOCALBASE}/lib \
--with-system-zlib \
--with-system-freetype2 \
--with-system-kpathsea \
--with-system-libgs \
--with-default-gs-lib-path=${LOCALBASE}/lib \
--with-default-dvips-path=${LOCALBASE}/bin/dvips \
--with-default-ps2pdf-path=${LOCALBASE}/bin/ps2pdf
CONFIGURE_ENV= INSTALL_SCRIPT="${INSTALL_SCRIPT}" \
INSTALL_DATA="${INSTALL_DATA}" \
INSTALL_PROGRAM="${INSTALL_PROGRAM}"
CFLAGS+= -I${LOCALBASE}/include -DHAVE_LIBPAPER -g -O0
PLIST_SUB= TEXMFDISTDIR=${TEXMFDISTDIR}
CONFLICTS_INSTALL= xdvi xdvi-* *-xdvi xdvik ja-xdvik
--with-system-zlib \
--with-xdvi-x-toolkit=motif \
--with-xpm
CONFIGURE_ENV= INSTALL_DATA="${INSTALL_DATA}" \
INSTALL_PROGRAM="${INSTALL_PROGRAM}" \
INSTALL_SCRIPT="${INSTALL_SCRIPT}"
PORTDOCS= BUGS CHANGES INSTALL README README.CVS README.coding \
README.config README.cross README.distro README.hacking \
README.layout README.xdvik README_maintainer TODO
CFLAGS+= -I${LOCALBASE}/include -DHAVE_LIBPAPER -g -O0
OPTIONS_DEFINE= DOCS
CONFLICTS_INSTALL= *-xdvi ja-xdvik xdvi xdvi-* xdvik
BINARY_ALIAS= freetype-config=true
.include <bsd.port.options.mk>
PATCH_WRKSRC= ${WRKDIR}/${DISTNAME}
WRKSRC= ${WRKDIR}/${DISTNAME}/texk/xdvik
PLIST_SUB= TEXMFDISTDIR=${TEXMFDISTDIR}
PORTDOCS= BUGS CHANGES ChangeLog INSTALL README* TODO
OPTIONS_DEFINE= DOCS
TEXHASHDIRS= ${TEXMFDISTDIR}
post-install:
@${MKDIR} ${STAGEDIR}${PREFIX}/${TEXMFDISTDIR}/fonts/map/xdvi
${INSTALL_DATA} ${WRKSRC}/xdvi-ptex.map \
${STAGEDIR}${PREFIX}/${TEXMFDISTDIR}/fonts/map/xdvi/xdvi-ptex.map
.if ${PORT_OPTIONS:MDOCS}
post-install-DOCS-on:
@${MKDIR} ${STAGEDIR}${DOCSDIR}
cd ${WRKDIR}/${DISTNAME} && \
${INSTALL_DATA} ${PORTDOCS} ${STAGEDIR}${DOCSDIR}
.endif
.include <bsd.port.mk>
SHA256 (TeX/xdvik-22.87.tar.gz) = 920a20928b4360a1ab83843cffb98c129a54c6462ee014d0e5c4b209b8840ea7
SIZE (TeX/xdvik-22.87.tar.gz) = 4600576
TIMESTAMP = 1645633456
SHA256 (TeX/xdvik-22.87.06.tar.gz) = c7929f08cd03c547db07d4453bb2d312e34990d8eaed6c60749776531835d815
SIZE (TeX/xdvik-22.87.06.tar.gz) = 5922131
This diff is collapsed.
--- texk/xdvik/Makefile.am.orig 2013-04-16 07:22:53 UTC
+++ texk/xdvik/Makefile.am
@@ -87,6 +87,19 @@ libxdvi_a_SOURCES = \
xdvi-debug.h \
xserver-info.c \
xdvi.h \
+ ptexvf.c \
+ ptexvf.h \
+ ptexmap.c \
+ ptexmap.h \
+ ft2.c \
+ ft2.h \
+ jfm.c \
+ jfm.h \
+ fontconfig.c \
+ fontconfig.h \
+ ft2vert.c \
+ ft2vert.h \
+ AJ16.c \
xserver-info.h
## We cannot easily use two different libraries due to the mutual
@@ -173,9 +186,14 @@ bin_PROGRAMS = xdvi-bin
xdvi_bin_SOURCES = main.c
-$(xdvi_bin_OBJECTS): libxdvi.a $(common_dependencies)
+$(xdvi_bin_OBJECTS): libxdvi.a $(common_dependencies) $(FREETYPE2_DEPEND) $(ZLIB_DEPEND)
-LDADD = libxdvi.a $(common_ldadd)
+LDADD = libxdvi.a $(common_ldadd) $(FREETYPE2_LIBS) $(ZLIB_LIBS)
+
+## Rebuild libfreetype
+@FREETYPE2_RULE@
+## Rebuild libz
+@ZLIB_RULE@
# When cross-compiling, EXEEXT for the build and host systems may differ.
# Thus we depend on the auxiliary file squeeze/stamp-squeeze.
@@ -206,14 +224,14 @@ dist_xdvi_DATA = texmf/XDvi
pixmapdir = $(datarootdir)/texmf-dist/xdvi/pixmap
dist_pixmap_DATA = pixmaps/toolbar.xpm pixmaps/toolbar2.xpm
-dist_noinst_DATA = texmf/config.xdvi
+dist_noinst_DATA = texmf/config.xdvi xdvi-ptex.sample
install-data-hook:
@if grep "original config.xdvi --" "$(DESTDIR)$(dvipsconfdir)/config.xdvi" >/dev/null 2>&1 \
|| test ! -r "$(DESTDIR)$(dvipsconfdir)/config.xdvi"; then \
echo " $(INSTALL_DATA) '$(srcdir)/texmf/config.xdvi' '$(DESTDIR)$(dvipsconfdir)/config.xdvi'"; \
- $(INSTALL_DATA) "$(srcdir)/texmf/config.xdvi" "$(DESTDIR)$(dvipsconfdir)/config.xdvi"; \
else :; fi
+ $(INSTALL_DATA) "$(srcdir)/xdvi-ptex.sample" "$(DESTDIR)$(xdvidir)/"
uninstall-hook:
@if grep "original config.xdvi --" "$(DESTDIR)$(dvipsconfdir)/config.xdvi" >/dev/null 2>&1 \
--- texk/xdvik/Makefile.in.orig 2014-04-13 01:27:58 UTC
+++ texk/xdvik/Makefile.in
@@ -154,6 +154,8 @@ am_libxdvi_a_OBJECTS = browser.$(OBJEXT)
search-internal.$(OBJEXT) special.$(OBJEXT) \
string-utils.$(OBJEXT) string_list.$(OBJEXT) util.$(OBJEXT) \
vf.$(OBJEXT) x_util.$(OBJEXT) xdvi.$(OBJEXT) \
+ AJ16.$(OBJEXT) fontconfig.$(OBJEXT) ft2.$(OBJEXT) \
+ ft2vert.$(OBJEXT) jfm.$(OBJEXT) ptexmap.$(OBJEXT) ptexvf.$(OBJEXT) \
xserver-info.$(OBJEXT) gui/Panner.$(OBJEXT) gui/Tip.$(OBJEXT) \
gui/help-window.$(OBJEXT) gui/mag.$(OBJEXT) gui/menu.$(OBJEXT) \
gui/message-window.$(OBJEXT) gui/pagesel.$(OBJEXT) \
@@ -502,7 +504,7 @@ x_ldflags = $(X_LIBS) $(x_linker_options
x_extra_libs = $(X_EXTRA_LIBS) $(iconv_libs)
xdvi_x_libs = $(x_ldflags) $(x_tool_libs) $(x_xmu_lib) -lXt \
$(X_PRE_LIBS) $(x_ext_lib) $(x_xpm_libs) -lX11 $(x_extra_libs)
-common_ldadd = $(KPATHSEA_LIBS) $(FREETYPE2_LIBS) $(xdvi_x_libs)
+common_ldadd = $(KPATHSEA_LIBS) $(FREETYPE2_LIBS) $(xdvi_x_libs) -lpaper
common_dependencies = $(KPATHSEA_DEPEND) $(FREETYPE2_DEPEND)
libxdvi_dependencies = ${top_srcdir}/*.[ch] ${top_srcdir}/gui/*.[ch] ${top_builddir}/psheader.c
AM_CPPFLAGS = -I$(srcdir)/gui $(common_includes)
@@ -521,6 +523,8 @@ libxdvi_a_SOURCES = alloc-debug.h browse
string-utils.c string-utils.h string_list.c string_list.h \
translations.h util.c util.h version.h vf.c x_util.c x_util.h \
xdvi.c xdvi-config.h xdvi-debug.h xserver-info.c xdvi.h \
+ ptexvf.c ptexvf.h ptexmap.c ptexmap.h ft2.c ft2.h jfm.c jfm.h \
+ fontconfig.c fontconfig.h ft2vert.c ft2vert.h AJ16.c \
xserver-info.h gui/Panner.c gui/Panner.h gui/PannerP.h \
gui/Tip.c gui/Tip.h gui/TipP.h gui/help-window.c \
gui/help-window.h gui/mag.c gui/mag.h gui/menu.c gui/menu.h \
@@ -562,10 +566,10 @@ EXTRA_DIST = psheader.txt mksedscript xd
xdvi.icon xdvizilla xdvizilla.1
CLEANFILES = psheader.c sedscript xdvi.1
nodist_man1_MANS = xdvi.1
-xdvidir = $(datarootdir)/texmf-dist/xdvi
-dvipsconfdir = $(datarootdir)/texmf-dist/dvips/config
+xdvidir = $(datarootdir)/texmf-dist/dvips/xdvi
+dvipsconfdir = $(datarootdir)/texmf-dist/dvips/xdvi
dist_xdvi_DATA = texmf/XDvi
-pixmapdir = $(datarootdir)/texmf-dist/xdvi/pixmap
+pixmapdir = $(datarootdir)/texmf-dist/xdvi/pixmaps
dist_pixmap_DATA = pixmaps/toolbar.xpm pixmaps/toolbar2.xpm
dist_noinst_DATA = texmf/config.xdvi
all: c-auto.h
--- texk/xdvik/README.xdvik-jp.orig 2015-07-19 18:49:41 UTC
+++ texk/xdvik/README.xdvik-jp
@@ -0,0 +1,84 @@
+
+ << xdvik-22.84.16-jp patch について >>
+
+ http://xdvi.sourceforge.jp/
+ $Date: 2008/07/09 17:01:20 $
+
+
+[1] xdvik-22.84.16-jp patch とは
+
+xdvik-22.84.16 に対する日本語化パッチです.ただし,従来の日本語化パッチ
+とは大きく異なり,日本語化を本家に統合してもらうための提案としてまとめ
+ようとしています.
+
+従来の日本語化パッチには,
+
+ ・表示中の用紙サイズの変更
+ ・使いやすいページリスト
+ ・Zoom ボタン
+ ・Vi 類似のキーバインド
+
+などの様々な拡張機能が含まれていましたが,これらは全て削除され,単なる
+日本語化部分のみを残しています.
+
+[2] コンパイル・インストール
+
+xdvik-22.84.16.tar.gz にパッチを適用して,./configure ; make して下さい.
+以下のオプションが利用可能です.
+
+ --disable-ptex
+ 日本語化しない
+
+和文フォントのラスタライザとして,FreeType 2.1.10 以降が必須です.
+従来の VFlib では動作しません.
+なお,FreeType 2.2.1 以降では,GSUB テーブルを得るモジュールが
+ディフォルトではコンパイルされなくなっているので,modules.cfg の
+'# AUX_MODULES \+= otvalid' のコメントをやめて有効にしておいて下さい.
+これを忘れていると縦書きができなくなります.
+
+従来の vfontmap に対応するものは,xdvi.cfg の中で
+
+ ptexmap xdvi-ptex.map
+
+のように指定します.xdvi.cfg で複数の map ファイルを指定することが
+できるようになりましたが,代わりに VFONTMAP の環境変数や,
+コマンドライン引数の -vfontmap での指定はできなくなりました.
+また,map ファイルの書式も変更しました.
+
+NTT JTeX のフォント (dm*/dg*) の直接のサポートはなくなりましたが,
+以下の仮想フォントを用いると表示できます.
+dvips/dvipdfmx にも必要なものなので入手は容易でしょう.
+ftp://ftp.math.s.chiba-u.ac.jp/tex/dvips-usage/n2bk.tar.gz
+角藤氏の W32TeX にも同様のものがあります.
+ftp://jupiter.fsci.fuk.kindai.ac.jp/pub/ptex/win32/current/vf-n2bk.tar.gz
+
+[3] メンテナ向けのメモ
+
+新しい upstream を import する手順は以下の通り.
+
+ tar xzf xdvik-x.y.tar.gz
+ cd xdvik-x.y
+ cvs -d :ext:user@cvs.sourceforge.jp:/cvsroot/xdvi import -I ! -I CVS -m "Import xdvik-x.y." xdvik xdvik xdvik-x_y
+
+configure スクリプトを更新する手順は以下の通り.
+
+ autoconf --macrodir=../etc/autoconf configure.in > configure
+
+[4] 著作権について
+
+本パッチはかなり多くの方々の総合著作物です.パッチの著作権はそれぞれの
+パッチ作成者にあります.詳しくは READMEs/ 以下のドキュメント群を参照し
+て下さい.
+
+本パッチの再配布は自由に行って構いませんが付属のドキュメント類
+(READMEs/ 以下のファイル)はそのままの形で添付してください.また改変も
+自由に行って構いませんが,改変したものを配布する場合は,
+
+ xdvi-jp メーリングリスト <xdvi-users(at)lists.sourceforge.jp>
+
+まで連絡頂けると幸いです.バグ報告,提案,その他の連絡等も上記までお願
+いします.また,メーリングリストに参加を希望される方は
+http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/xdvi-users で手続きしてく
+ださい.
+
+/* xdvi-jp メーリングリスト <xdvi-users(at)lists.sourceforge.jp> */
--- texk/xdvik/READMEs/ChangeLog.xdvik20a-j1.1.orig 2015-07-19 18:49:41 UTC
+++ texk/xdvik/READMEs/ChangeLog.xdvik20a-j1.1
@@ -0,0 +1,132 @@
+xdvik20a-j1.1 変更履歴
+ 千葉大学総合情報処理センター 山賀正人
+
+
+* xdvik20a-j1.1 ---> xdvik20a-j1.1p1 (15/5/97)
+
+ DVIFILTERCMD に jdvi2kps を指定した場合のオプションが不正であったのを
+ 修正 (xdefs.make)
+ ※ すずきとおる さん のご指摘によるものです。
+
+ VI_KEY を定義したときにカーソルキーが無効になってしまうバグの修正
+ (xdvi.c)
+ ※ 永江@九工大 さん からの情報です。
+
+
+* xdvik20a-j1.1p1 ---> xdvik20a-j1.1p2 (6/6/97)
+
+ wwwlib との不整合を修正 (markring.h) および linux でコンパイル可能に
+ ※ 内山@慶應大 さん からのいただいたパッチです
+
+ 竹中@東大さんによる xdvi-17jp.960209 の color special 対応部分を適用
+ ※ 上坂@東北大さん からいただいた xdvik-18f に対するパッチを
+ 使わせていただきました。
+
+
+* xdvik20a-j1.1p2 ---> xdvik20a-j1.1p3 (14/6/97)
+
+ SunOS 4.1.x でカラー表示しようとすると core dump するバグの修正
+ (special.c)
+
+
+* xdvik20a-j1.1p3 ---> xdvik20a-j1.1p4 (18/6/97)
+
+ (ecl)epsf.sty を使って挿入する PS ファイルの height や width を
+ 指定するとその指定が以後も有効になってしまうバグの修正 (special.c)
+ ※ 嵯峨田@NTT さん からいただいたパッチです。
+
+
+* xdvik20a-j1.1p4 ---> xdvik20a-j1.1p5 (23/6/97)
+
+ BSD/OS V2.1 でもコンパイルできるように
+ (config.h, sfinternal.h, markring.c)
+ ※ 萩平@大阪大学医学部麻酔(ICU) さん からいただいたパッチです。
+
+
+* xdvik20a-j1.1p5 ---> xdvik20a-j1.1p6 (24/6/97)
+
+ epsbox.sty の BoundingBox の計算が不正になるバグの修正 (special.c)
+ ※ 岡久@愛媛大 さん によるパッチです。
+
+ fj.comp.texhax
+ <5oim44$6dj@news.cs.ehime-u.ac.jp>
+
+
+* xdvik20a-j1.1p6 ---> xdvik20a-j1.1p7 (30/6/97)
+
+ 竹中@東大さんによる xdvi-17jp.960209 の color special 対応
+ 部分のうち、eclcolor.sty 対応部分を適用 (special.c)
+
+ LaTeX 2.09 + dvips で使われる colordvi.sty への対応 (special.c)
+
+
+* xdvik20a-j1.1p7 ---> xdvik20a-j1.1p8 (2/8/97)
+
+ VFlib を使うか否か、日本語多書体表示機能を使うか否か、更に
+ dvi --> ps フィルタとして何を使うかを全て configure スクリプトの
+ オプションで指定できるように (configure.in, withenable.ac, config.h)
+
+ epsbox.sty の \special に対して *.ps という名前の PostScript ファイル
+ しか受け付けないバグの修正 (special.c)
+
+
+* xdvik20a-j1.1p8 ---> xdvik20a-j1.1p9 (16/10/97)
+
+ オリジナルの xdvik-20a から存在した、epsf.sty と LaTeX2e の graphicx
+ パッケージに対する special の解釈部分 epsf_special() にあったバグを
+ 修正 (special.c)
+
+
+* xdvik20a-j1.1p9 ---> xdvik20a-j1.1p10 (8/11/97)
+
+ graphicx パッケージの \resizebox や \scalebox の中で取り込んだ
+ eps ファイルを表示しない(gs などを起動しない)ようにした場合に
+ 代わりに表示される枠線が正しく表示されるように (special.c,
+ psgs.c, psdps.c, psnews.c)
+
+
+* xdvik20a-j1.1p10 ---> xdvik20a-j1.1p11 (25/11/97)
+
+ vfontmap の検索について、カレントディレクトリを最優先するように
+ (vfontmap.c)
+
+ dvi ファイルを読み込んでページ数に変更があった場合は TOC のスク
+ ロールバーを含めて表示し直すように (toc.c)
+
+
+* xdvik20a-j1.1p11 ---> xdvik20a-j1.1p12 (30/12/97)
+
+ sizeof(long) が 4 より大きい場合 (OSF1 など) に対応 (zeit.c)
+
+ vfontmap まわりの無駄にメモリを消費している部分を大幅に書き換え
+ (dvi_init.c, zeit.c, vfontmap.c, xdvi.h)
+
+* xdvik20a-j1.1p12 ---> xdvik20a-j1.1p13 (04/01/98)
+
+ default の DVIFILTER を dvi2ps から dvips に変更 (config.h)
+
+ vfontmap まわりを更に修正 (zeit.c)
+
+ dvips をフィルタとして使うように -f オプションを追加 (config.h)
+
+
+* xdvik20a-j1.1p13 ---> xdvik20a-j1.1p14 (10/01/98)
+
+ xmalloc の使い方を間違っているため、Segmentation Fault する
+ バグの修正 (vfontmap.c)
+
+ ※ 永江@九工大 さん からいただいたパッチです。
+
+
+* xdvik20a-j1.1p14 ---> xdvik20a-j1.1p15 (16/01/98)
+
+ epsbox.sty で取り込んだ複数の画像を表示しようとすると
+ "Too many open files" とエラーメッセージを出して表示できない
+ バグの修正 (special.c)
+
+ fj.comp.texhax
+ <69cfvc$shr$1@picard.cs.osakafu-u.ac.jp>
+ <69hsme$64j$1@pine.cix.chiba-u.ac.jp>
+
+ sscanf() の実装を勘違いしていたために BoundingBox のスケールを
+ 正しく読み取れなかったバグの修正 (special.c)
--- texk/xdvik/READMEs/ChangeLog.xdvik20c-j1.0.orig 2015-07-19 18:49:41 UTC
+++ texk/xdvik/READMEs/ChangeLog.xdvik20c-j1.0
@@ -0,0 +1,34 @@
+xdvik20c-j1.0p0.patch 変更履歴
+ 筑波大学 社会工学研究科 中右 浩二
+
+● xdvik20c-j1.0p0a (1998/4/20)
+ ファイルの添付
+ README.xdvik20c-j1.0p0.patch
+ ChangeLog.xdvik20c-j1.0
+
+● xdvik20c-j1.0p0b (1998/4/24)
+ xdvi のバージョン表記変更
+ (いちかわ@岐阜大さん)
+
+● xdvik20c-j1.0p0c (1998/4/24)
+ xdvi.c の prog_cflags での文法誤りを訂正
+ (すずき@海洋情報研究センターさん)
+
+● xdvik20c-j1.0p0d (1998/5/19)
+ Makefile.in での変数名の誤りを訂正
+ (仁科@ATR人間情報通信研究所さん)
+
+● xdvik20c-j1.0p0e (1999/1/20)
+ xdvi/Makefile.in での変数名の誤りを訂正
+ xdvi/configure での文法誤りを訂正
+ (古高@JNCさん)
+
+● xdvik20c-j1.0p0f (1999/2/28)
+ SMALL_PANEL 指定時のボタン名を復活(pl18当時分へ)
+ 対象ファイル:xdvik/events.c, xdvik-20c/xdvik/toc.c
+ (萩平@大阪府立羽曳野病院さん)
+
+● xdvik20c-j1.0p1 (1999/2/28)
+ JIS 補助漢字を利用するための修正
+ 対象:xdvikの dvi_draw.c, dvi_init.c, vf.c, xdvi.h
+ (内山@慶応大さん)
--- texk/xdvik/READMEs/ChangeLog.xdvik22.40b-j1.05.orig 2015-07-19 18:49:41 UTC
+++ texk/xdvik/READMEs/ChangeLog.xdvik22.40b-j1.05
@@ -0,0 +1,69 @@
+/* ******************* *
+ * xdvik-jp 変更履歴 *
+ * ******************* */
+
+◆[2001-07-08] xdvik-22.40-j1.05 (by Kenta MURATA <muraken2@nifty.com>)
+
+ ○ xdvik-22.15-j1.04 を 22.40b 用に改変.
+
+◆[2000-07-18] xdvik-22.15-j1.04 (by xdvi-jp ML)
+
+ ○ 山賀さんの epsbox_special() の修正。
+ ○ 稲垣さんの縦書き仕様のフォントを指定する場合には vfontmap の第3引
+ 数を付ける修正。 引数は何でもよい。
+ ○ 大河さんのbig endian なマシンで回転した文字が黒い箱になる不具合の修
+ 正。
+ ○ 佐藤さんのPSNFSSを使用する場合に、\fontsize の指定が5倍異なる文字を
+ 混在する際に、小さい文字が大きな文字で表示される不具合の修正。
+ ○ zoomのボタンまたはキーで拡大・縮小した後に, `10s`のように`s`でshrink
+ を指定すると最後のzoomのフォントサイズをひきずる不具合の修正(by 大河
+ さん & 内山)。
+
+◆[1999-10-04] xdvik-22.15-j1.03 (by xdvi-jp ML)
+
+ ○ ベースを xdvik-22.15 に変更。
+ ○ \scalebox{} と \rotatebox{} の special に対応。
+ ○ 日本語 TFM フォントがなくても virtual font を探すように変更。
+ ○ sizeof(int) != sizeof(long) の OS で日本語フォントを表示すると core
+ dump する事がある問題を修正。
+ ○ VI_KEY を define してると矢印キーが効かなかった問題を修正。
+ ○ PTEX と TEXXET を共存可能に。
+ ○ dvips は B4 にも対応してるぞ対策。
+ ○ ホイールマウス対応。(縦方向のみ)
+
+
+◆[1999-03-19] xdvik-22.02-j1.02 (by 渡辺@神戸大)
+
+ ○ ベースを xdvik-22.02 に変更。
+ ○ はやし@姫路工業大学 さん作の hal2 パッチの一部をマージ。(ZOOM_BUTTON)
+ ○ PRINTDVI 機能の改良(?)版 DVISEL 機能を追加。
+ ○ カラー表示時のアンチエリアシング対応。
+ ○ use_grey と use_color の共存を可能に。
+ ○ HSB カラーモデルや background special に対応。
+ ○ configure の設定項目を追加。
+ ○ ページ数のバラバラな DVI でページ数表示桁数がおかしくなるのを修正。
+ ○ 「XDvi*international: True」時に文字位置がおかしいのを修正。
+ ○ 8x16 フォントを指定すると、TOC の表示がはみ出すのを修正。
+ ○ ペーパーサイズを変えてもスクロールバーの移動範囲が古いサイズのまま
+ だったのを修正。
+ ○ 1ページ目が複数ある DVI で First ボタンで最初のページに行かないのを修正。
+ ○ VI_KEY を define した時でも man の移動キーの記述がデフォルトのまま
+ だったのを修正。
+ ○ 一つの color 指定が2ページにまたがってる場合にページ頭で元の色に
+ 戻ってしまうのを修正。
+
+
+◆[1999-02-28] xdvik20c-j1.0p1 (by 中右@茨城大)
+
+ ## この系列の変更履歴は READMEs/ChangeLog.xdvik20c-j1.0 を御覧下さい。
+
+
+◆[1998-01-16] xdvik20a-j1.1p15 (by 山賀@千葉大)
+
+ ## この系列の変更履歴は READMEs/ChangeLog.xdvik20a-j1.1 を御覧下さい。
+
+
+## これより古いものに関しては混沌としています。詳しくは READMEs/ 以下の
+## ドキュメント群をお読み下さい。:-)
+
+/* xdvi-jp メーリングリスト <xdvi-jp@bi.appi.keio.ac.jp> */
--- texk/xdvik/READMEs/ChangeLog.xdvik22.40y1-j1.21.html.orig 2015-07-19 18:49:41 UTC
+++ texk/xdvik/READMEs/ChangeLog.xdvik22.40y1-j1.21.html
@@ -0,0 +1,322 @@
+<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2 Final//EN">
+<HTML>
+<HEAD>
+<META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=EUC-JP">
+<META HTTP-EQUIV="Content-Style-Type" CONTENT="text/css">
+<META HTTP-EQUIV="Content-Script-type" CONTENT="text/javascript">
+<TITLE>xdvi 日本語化・機能拡張パッチ</TITLE>
+<STYLE><!--
+P { line-height:130% }
+UL { line-height:130% }
+OL { line-height:130% }
+DL { line-height:130% }
+PRE { line-height:130% }
+--></STYLE>
+</HEAD>
+<BODY BGCOLOR="#333300" TEXT="#CCCCCC" LINK="#AACCFF" ALINK="#FF0000" VLINK="#CC99FF">
+<H2 ALIGN="center">xdvi 日本語化・機能拡張パッチ</H2>
+<BR>
+<BLOCKQUOTE>
+<BLOCKQUOTE>
+<UL>
+<LI><A HREF="#xdvik-22.40y1">xdvik-22.40y1</A></LI><LI><A HREF="#xdvik-22.40y">xdvik-22.40y</A></LI><LI><A HREF="#xdvik-22.40w">xdvik-22.40w</A></LI><LI><A HREF="#xdvik-22.40v">xdvik-22.40v</A></LI><LI><A HREF="#xdvik-22.40u">xdvik-22.40u</A></LI><LI><A HREF="#xdvik-22.40s">xdvik-22.40s</A></LI><LI><A HREF="#xdvik-22.40q">xdvik-22.40q</A></LI><LI><A HREF="#xdvik-22.40o">xdvik-22.40o</A></LI><LI><A HREF="#xdvik-22.40l">xdvik-22.40l</A></LI><LI><A HREF="#xdvik-22.40k">xdvik-22.40k</A></LI><LI><A HREF="#makepatch">参考:xdvik のパッチの作り方</A></LI><LI><A HREF="#update">参考:本家のバージョンアップへの追随</A></LI>
+</UL>
+</BLOCKQUOTE>
+<HR><H4><A NAME="xdvik-22.40y1">xdvik-22.40y1</A></H4>
+<UL>
+<LI><CODE>xdvik-22.40y1-j1.21.patch.gz</CODE><BR>
+ [2004/ 2/25] dvips/dvipdfm の map ファイルのコメント開始文字が '%' なので、
+ vfontmap でも、従来の '#' に加えて、
+ '%' もコメント開始文字と認識するようにしました。
+ 副作用はないと思います。
+<BR>[2004/ 2/23] oxdvi をコンパイルするための Makefile.in を含めておきました。
+ texk/xdvik の中で <CODE>'mv Makefile.in.oxdvi Makefile.in'</CODE>
+ <CODE>'mv xdvi-sh oxdvi-sh'</CODE> とした上で
+ oxdvi-sh の最後の行の xdvi.bin を oxdvi.bin に変更して、
+ それから ./configure します。
+ ただし omega 特有の機能のことを良く知らないので、
+ 動作確認はいいかげんです。m(__)m
+<BR>[2004/ 2/23] そのまま make; make install すると、
+ texmf/web2c/texmf.cnf を上書きしてしまい、
+ ptex が動かなくなるので、
+ cd texk/xdvik してから make install するよう
+ ドキュメントに注意書きをしておきました。
+<LI><CODE>xdvik-22.40y1-j1.20.patch.gz</CODE><BR>
+ [2004/ 2/ 9] ドキュメントを少し整備しました。
+<BR>[2004/ 2/ 9] -debug 2 で起動したとき、
+ vf2ft のフォント情報表示で core ダンプしていました。
+<BR>[2004/ 2/ 9] vfontmap の書式を少し拡張し、
+ サンプルの vfontmap も見直しました。
+ 従来の vfontmap.sample を、